ドローン撮影は必要?

沖縄県うるま市の海中道路でドローンを使って撮影したブライダルフォト

沖縄でのフォトウェディングやファミリーフォトでは、ドローン撮影はとっても人気があります。その魅力は上空からのアングル。空から見る沖縄の海は、本当に綺麗で、そのビーチで楽しむ自分たちの姿を写真に残すことができるなんて、本当に嬉しいですよね。

この写真は、沖縄県うるま市にある海中道路に接したビーチで撮影したドローン写真です。ここのビーチの特徴は、干潮時にはリーフが浮き上がること。深いところで膝上くらい、浅ければ足首ほどの水深になり、海の中を歩いていくことができます。だから海中道路と呼ばれているのかは定かではないですが、そんな気もしてきます。

さて、沖縄でのフォトウェディングやファミリーフォトには必須のドローン写真なのですが、少し疑問に思うこともあります。

顔の識別はつきますか?
表情は見えますか?
どんなドレスをきているのですか?

あまりに上空からの景色が壮大すぎて、人物の様子がはっきり伝わってきません。沖縄でのフォトウェディングやファミリーフォトでは、表情や衣装、その場の空気感が伝わる写真がいいですよね。きっとそれがあってのドローン写真だと思うのです。

もちろん、ドローン写真は本当に素敵です。でもouchiでは撮影した写真の中、ドローン写真は2割程度で十分だと考えています。秋刀魚の塩焼きに添えられている大根おろし?肉まんのからし?無くても良いけど、あればとっても良い。そんな存在だと認識しています。

だからouchiのフォトウェディングやファミリーフォトでは、角度や距離感のバリエーションを考えながら、2〜5フライトで20枚〜30枚ほど撮影しています。そのため料金も少しお安くしています。

ドローン写真のみの場合は¥33000(税込)
ドローン映像のみの場合も¥33000(税込)
写真も映像も両方の場合は¥55000(税込)



どちらかと言うと、ouchi的には映像がおすすめです。なぜなら表情やドレスの様子が薄れる代わりに、迫力ある綺麗な沖縄の海が際立ちます。そこに拍車をかけるようにドローンは動くことができ、上空からの映像を迫力が増すからです。

2割程度で良いというのがouchiとしての考えですが、その感覚は人それぞれです。もちろん8割にして欲しいというお客様のご要望があれば、快く応じます。

沖縄でのフォトウェディングやファミリーフォトには必須アイテムのドローン。必須だからこそ、全てのお客様にご提供できるよう適切な商品展開を考え、価格帯、撮影ボリュームを意識しています。ぜひ、撮影のご参考になれば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です