フォトウェディング速報(2021年10月18日撮影)

沖縄フォトウェディング(サンセット撮影)

2021年10月18日にフォトウェディングをプロデュースさせていただきましたおふたりをご紹介します。

笑顔が可愛い新婦様にお選びいただいたウェディングドレスは2種類。なかなか1着に絞り切れない新婦様が多く、photo studio ouchiは何着でもお選びいただけます。

日中の青い海でのフォトウェディングでは「プラン外ドレスC」。優しいピンク色のインナースカートを包み込むようにオーガンジーのオーバースカートを包み込み、トップスの刺繍でウェディング感をプラス。とても柔らかくて軽く、トレーンも短いドレスなので歩きやすいウェディングドレスです。

27.プラン外ドレスC

海が金色に染まるサンセットではphoto studio ouchiオリジナルの「ひかりとゆれるO」のストレートトップタイプをセレクト。足元を大胆にカットし、上質ながらも歩きやすさにこだわり、動きながら自然な表情を撮影するouchiスタイルにぴったり。その名の通り、太陽に照らされてキラキラひかり、海で潮風を受ければゆらゆらゆれる。太陽の光が強く、潮風が吹き抜ける沖縄に特化したウェディングドレスです。

16.ひかりとゆれるN(ストレートトップ)

まず最初の撮影地には恩納村の地元民が集うローカルビーチ「仲泊海岸」。

沖縄フォトウェディング(仲泊海岸)

雲の流れを見ると北部には大きな雨雲が・・・。沖縄特有のスコールです。そんな気候的な心配もあり、スタジオから程近く、青空が広がっているこの場所に決めたことが大正解!雨が降る前に、青い海を背景にフォトウェディングをお楽しみいただけました。

沖縄フォトウェディング(仲泊海岸)

恥ずかしがり屋さんで優しい新郎様は、癖で両手を前に組んでしまう場面が何度もありました。その様子がとっても可愛くて何度も「そのまま動かないで〜♪」「可愛い〜♪」とシャッターが止まらない。

沖縄フォトウェディング(仲泊海岸)

フォトウェディングに限らず、写真には間違いなんてありません。私たちphoto studio ouchiは「その人らしさを自然に撮影する」ことを大切にしています。新郎様の両手を前で組む仕草は、間違いなく大切にするべき瞬間♪おふたりだからこその雰囲気を感じる写真を撮影できました。

続いて2箇所目は「石川公園」。

沖縄フォトウェディング(石川公園)

ここはに植物が絡まりついた建造物があり、その様子がジブリ映画の「天空の城ラピュタ」のようであることから、私たちは勝手に「ラピュタの森」と愛称を付けています。

沖縄フォトウェディング(石川公園)

そして最後は、「ひかりとゆれるO」にドレスチェンジをして、同じ空の様子はひとつとして無いサンセットでのフォトウェディング撮影へ。

沖縄フォトウェディング(サンセット撮影)

雲が多くて、サンセットが出てくれるか心配していたのですが、見事に空を染め上げてくれて、金色の海でのフォトウェディングをお楽しみいただけました。

沖縄フォトウェディング(サンセット撮影)

そして最後には、今日1日フォトウェディングを頑張ったおふたりへのプレゼントなのでしょうか?太陽が沈んでから、とてもきれいなマジックアワーを見て、お過ごしいただけました。

沖縄フォトウェディング(サンセット撮影)

しばらくの間、スタッフも思わずうっとりとしてしまい、時が止まったかのような瞬間。心地よい疲労感と寂しさを感じつつ、おふたりとの楽しいフォトウェディングに幕を閉じたのでした♪

他にも撮れたてほやほやのフォトウェディングのお写真を掲載しています。特にサンセットの美しさを皆さんにご覧いただきたいです。沖縄の綺麗な風景とともにお楽しみください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です